TRPGが好きっ!.com > リーベラトール ~剣と魔法と影の支配者~ > 第4章:シナリオクラフト

リーベラトール ~剣と魔法と影の支配者~

障害

 プレイヤーが解決すべきミッションを阻害する、あらゆる要素をデータ化したもの。「物理(P)」「精神(M)」「社交(C)」の3つの属性に分けられる。

障害の強化

  1. 指定した1枚の「障害」カードを、1枚の「強化」カードで強化することができる
  2. 特に記述がなければ、障害を除去したときに同時に除去される
  3. 強化された障害を除去した者1名は、強化カードごとに定められた特典を得る
  4. 強化カードに特殊な記述がある場合、カードごとの記述を優先する

GM用カード・チット

障害の種別

戦闘(P)
武器や魔法などを使って、物理的に対決する
運動(P)
物理的に排除、または生命力などで耐えきる
智略(M)
観察力や洞察力、魔法などを使って知的に対決する
探索(M)
探したり調べたりすることで、排除または活用する
博識(M)
学問や実用的な知識を使って、排除または活用する
交渉(C)
会話や、幻覚の魔法などを使って交流や対決を行う
場面(C)
現在地など。場所によっては行動に支障が出る
技芸(C)
手工業や芸術など。路銀稼ぎや人集めなどに使える
鬼族
亜人のうち、特に人類勢力と対立する者たち
亜人
魔力を帯びて変質した、元人間
人族
魔力の影響をあまり受けていない普通の人間
爬虫人
人間に化けて、人類勢力を統べる支配種族
魔獣
人間以外の動植物が、魔力を帯びて変質したもの
付喪
魔力を帯びて活動能力を得た、非生物や死体
妖霊
魔力が集まってできた、意思を持つ存在
動植物
魔力の影響をあまり受けていない普通の動植物
部位
身体の一部や、追加パーツなど

シナリオクラフト

  1. シナリオでGMが与えるミッションは、複数の「障害」カードと「強化」カードで構成される
  2. 「障害」の目標値や数は、「プレイヤーの人数×2+キャラクターのレベル合計」を基準値にした「評価値」を基に決定する
    通常
    基準値(人数×2+レベル合計)×1以下、「強化」0枚
    転機(クリアするたびに経験点+2)
    基準値(人数×2+レベル合計)×2以下、「強化」1枚
    最終(1シナリオ1回)
    基準値(人数×2+レベル合計)×3以下、「強化」1~3枚
  3. 「障害」の属性は、
    • プレイヤーが1人なら1種のみに限定(最終ミッションを除く)
    • 2人なら1種のみを推奨(2種混成も可)
    • 3人なら2種混成を推奨(1種のみも可)
    • 4人以上なら2種~3種混成を推奨
  4. 「障害」の枚数は、「プレイヤー人数-1~プレイヤー人数+1」枚を目安にする
  5. シナリオの最中にレベルが上った場合、今のミッションの評価値は変更せず、次回以降のミッションの基準値を上がる。

障害の目標値と評価値

[表部分はスクロールが可能です]

目標値123456789101112
評価値23510204070110160220290370

障害の目標値サンプル

1レベル、1人
基準値=3
通常=2
転機=2・2
最終=3・1・1
1レベル、3人
基準値=9
通常=3・1・1
転機=4・3・2
最終=5・3・1
1レベル、5人
基準値=15
通常=3・3・2・1
転機=4・4・3・2・1
最終=5・4・4・2・1
5レベル、1人
基準値=7
通常=3・1
転機=4・1・1
最終=4・4
5レベル、3人
基準値=21
通常=4・3・2・2
転機=5・4・4・1
最終=6・4・4・2
5レベル、5人
基準値=35
通常=5・3・3・2・1
転機=6・5・3・2・1
最終=7・5・4・2・1
10レベル、1人
基準値=12
通常=4・1
転機=5・1・1
最終=5・4・3
10レベル、3人
基準値=36
通常=5・4・2・2
転機=6・5・4・1
最終=7・5・4・3・2
10レベル、5人
基準値=60
通常=6・4・3・2・1
転機=7・6・3・2・1
最終=8・6・5・3・2・1

マスタリングに困った場合

一度「形勢不利」になってしまうと逆転できない
  • プレイヤーのアイディアや発言に対して、積極的に「形勢有利」を与えてみてください
  • セットアップで一度ミッションを放棄させて、通常のミッションを数回挟むと、付与が増えて戦力が整います
楽勝続きであっけなく終わってしまう
「通常」ミッションを1つ、「転機」ミッションに変えてみてください。

ランダムシナリオ作成チャート

 準備中です。

サンプルシナリオ

  1. ルール習得用短編「機械の森と少年」
  2. ネタシナリオ「5000兆円ください」

1.ルール習得用短編「機械の森と少年」

 準備中です。

2.通常シナリオ「」

 準備中です。

3.ネタシナリオ「5000兆円ください」

概要
金貨1667億枚(5001兆円相当)の賞金首を倒して、一攫千金を狙う。
セッションの目的
目標値「14」の賞金首に勝利する(属性は事前に決める)
導入
類を見ないほど高額の賞金首の貼り紙が、冒険者たちの根城である宿屋に貼り出された。にわかには信じがたい額ではあるが…
前提
ルールのギミックの都合上、プレイヤーは3人以上必要になる。
また、最終戦闘前に「基準値が10以上」必要になるため、プレイヤーが3人なら2レベルで開始すること。
ミッション
プレイヤー側の準備が整うまでの間、プレイヤーの要望に応じて何度でも「通常」ミッション、または「転機」ミッションを発生させる。
最終ミッションでは特殊ルールに書かれていない強化は使わないこと。
特殊ルール
最終ミッションでは、強化カード「超越存在」の効果で「評価値=56」まで下げた障害を1つ登場させる。プレイヤー側の評価値が追いつかない場合、「二重強化」「出来損ない」を組み合わせて「評価値=28」まで下げる。
結末
賞金首の依頼主が詐欺の疑いで逮捕されている。詐欺なのは金額部分のみなので、適切な額の賞金をもらうことはできる(最終ミッションクリアとみなす)。
補足
クリア方法は2種類。
  1. 狩人、顔役、術師か巧匠か旅商、が各々1人以上必要。特殊ルールでLVが上がるので、開始時はLV1でもよい。
    「狩人」が「威力5」を出せる行動をLVアップで取得して、職業効果、特技、付与の「威+1(自)」を1つずつ使用。
    顔役と他の人は、職業効果、特技、付与の「威+1(他)」と「(属性)+1」をそれぞれ1つずつ使用。
    誰かが特技「熱狂」を使えば、確実に5+9=14を出せる。
  2. 必要な職業の制限はないが、特技「一意専心」が必要。
    付与などによる「+1」を、特技の効果で重複を気にせず無制限に使う。
    特技「熱狂」もあると便利。

[最終更新日 2020.12.12]