TRPGが好きっ!.com > リーベラトール ~剣と魔法と影の支配者~ > 第2章:キャラクター作成

リーベラトール ~剣と魔法と影の支配者~

キャラクター作成

 このゲームでは、キャラクターの能力を「職業」「レベル」「行動」「特技」で表現する。「行動」は「P(物理)」「M(精神)」「C(社交)」の3つの属性に分けられる。
 「職業」効果、「特技」効果は1シナリオに1回ずつ使用可能。
 「行動」は捨札になるまでは何度でも使用可能。捨札から回復するための目標値が設定されており、目標値が高いほど回復しにくいが、威力は高い。
 キャラクターのレベルは「1」から始めることを推奨する(GMが決める)

作成手順

  1. 10種類ある「職業」から1つ選択
  2. 職業ごとの推奨「行動」を3つ、自動取得
  3. 任意の「行動」または「特技」を、レベルと同じ個数取得
    (共通だけでなく、別の職業から「行動」を選んでもよい)
    (同じ行動や特技を複数回選ぶことはできない)
  4. 名前や来歴など、データ以外の部分を設定

職業一覧

[表部分はスクロールが可能です]

職業推奨行動
P(物理)M(精神)C(社交)
戦士振り回し(6)戦場の知恵(3)盃兄弟(3)
狩人仕掛け罠(5)習性把握(4)身振り手振り(2)
一座喝采の一撃(5)風のうわさ(2)魅惑の笑み(4)
術師投射魔術(4)啓示魔術(5)幻影魔術(2)
巧匠弱点看破(3)構造解析(6)率直な提案(3)
神職賦活魔術(2)癒しの言葉(5)禅問答(4)
顔役わずかの勇気(4)言い伝え(2)はげます言葉(5)
斥候不意打ち(2)鋭い眼光(4)蛇の道は蛇(5)
旅商使用人(3)知は力なり(3)大取引(6)
異人神秘の力(4)異質な知識(4)発想の転換(4)
(共通)騎獣(3)古文書(3)記章(3)
魔剣(7)輝晶石(7)親衛隊(7)

特技一覧

[表部分はスクロールが可能です]

特技タイミング効果
鍛錬ダイスロール後P+1
学識ダイスロール後M+1
人脈ダイスロール後C+1
魔法の道具ダイスロール後威+1(自)
前文明の利器ダイスロール後威+1(他)
再挑戦いつでも再判定
変若水いつでも行動か特技+1枚
熱狂ダイスロール前2D6の出目を①と⑥にする
捨て身ダイスロール前2D6の出目を②と⑤にする
慎重ダイスロール前2D6の出目を③と④にする
戦友「」ダイスロール後P+1/重複可・LV1不可
証拠「」ダイスロール後M+1/重複可・LV1不可
名声「」ダイスロール後C+1/重複可・LV1不可
同盟「」ダイスロール後威+1(自)/重複可・LV1不可
逸品「」ダイスロール後威+1(他)/重複可・LV1不可
やりくり上手いつでも行動(自)の属性(PMC)を変更
自己犠牲いつでも強化-1枚/行動か特技-1枚
一意専心ダイスロール後職業効果・特技・付与の重複可
魂の交換次ターン開始前死亡を無効化/すべて捨札に
可能性いつでも行動か特技と交換/付与-1枚

プレイヤー用カード

設定用ランダム表

来歴

 2D6を振り、どちらかの出目を「理由」に、もう片方を「宿敵」に割り振ること。RoC(振っても選んでもよい)
 この世界では、冒険者は基本的に「元・犯罪者」のうち、摘むには惜しい才能の持ち主に命じられる職業である。冤罪は非常に多い。鬼族は人類(爬虫人)との敵対種族。蜥蜴族(人類の血を引く下位種族)、鰐牙族(農業・軍事)、亀甲族(学問・宗教)、蛇脚族(商工業)、亜龍族(上位種族)は支配階層の爬虫人である。

[表部分はスクロールが可能です]

出目理由宿敵
鬼族との混血であるその他
実際に罪を犯したことがある鬼族
爬虫人が人肉を食べる場面を見た鰐牙族
爬虫人に殺されかけて逃げ出した亀甲族
人間を蜥蜴族に変える儀式を見た蛇脚族
支配階層と対立したことがある亜龍族

[最終更新日 2020.8.4]